■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「アンビエント・リサーチ」冊子販売のお知らせ
 虹釜太郎さんと金子智太郎さんのお二人が主催されているレクチャー・イヴェント「アンビエント・リサーチ」は、毎回、参加者に充実した冊子資料をお渡しするのが、大きな特徴になっています。これまで会場参加者しか入手できなかった冊子が、このたび販売されることになりました。私は1・2回目と連続して参加し、3回目は何とゲストを務めさせていただきましたが、この冊子はすごく価値あるものだと思います。読み応えもあるし。アンビエント・ミュージックとか音楽に関心のある方だけでなく、アートと社会、あるいは人間と環境の関係等について、無意識に前提とされてしまいがちな人間(主体)中心主義の枠を批判的にとらえつつ考えてみたい方に、ぜひおすすめします。

 販売は金子智太郎さんのブログ(http://d.hatena.ne.jp/tomotarokaneko/)で行っています。以下の説明は、そこから抜粋・転載したものです。



 2010年に3回開催したアンビエント・リサーチの冊子をすべて販売します。会場で配布したものを若干修正したバージョンです。

 Ambient Research とは..
 誰でも参加できるアンビエント・ミュージックについての連続研究会型イベント。毎回テーマを定め、アンビエント・ ミュージックを聴くときに参考になる国内外の参考図書、資料等を見ながら、音源を聴いていく。


「Ambient Research vol.1」
 28頁
金子智太郎「アンビエントの想像力を支えるシステム」
デヴィッド・トゥープ「人間は本当に必要か:サウンド・アート、オートマタ、音響彫刻」[要約]
「人間は本当に必要か」ブックガイド
虹釡太郎「なぜアンビエントを聞くのか(連載第1回)」

「Ambient Research vol.2」
 23頁
金子智太郎「聴覚的パノプティコン:フランシスコ・ロペスの「絶対具体音楽」」
フランシスコ・ロペス「エンバイラメンタル・サウンド・マター」
虹釡太郎「なぜアンビエントを聞くのか(連載第2回)」

「Ambient Research vol.3」
 42頁
金子智太郎「四つのディストピア:『風の谷のナウシカ』とディストピア文化史ノート」
金子智太郎「植物としてのカセット:ドメイン・ポエティーク試論」
福島恵一「ディストピア・アンビエント論のためのノート:「空間」への転回」
虹釡太郎「ディストピアアンビエント」


 「vol.1, 2」のPDFファイルは600円、コピー冊子は900円です。「vol.3」のみPDFファイルが800円、コピー冊子1100円になります。
 購入希望の方は金子智太郎(tomotarokaneko@gmail.com)までメールでご連絡下さい。件名を「Ambient Research」として、本文に[氏名(フルネーム)]、[形式(PDFまたはコピー冊子)]、コピー冊子を希望の方は[購入冊数]、[住所]を記載してください。支払い方法を記載したメールを返信します。お送り戴いた情報は本冊子販売以外の目的には使いません。お問い合わせも金子まで。
 これまでのアンビエント・リサーチにご予約いただき、来場の際に冊子をお渡しした方には、その回のPDFファイルを無料でお送りします。お手数ですが金子までメールにてご連絡ください。



「Ambient Research vol.1」から    「Ambient Research vol.2」から

        
スポンサーサイト


音楽情報 | 00:45:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad