■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2010年ベスト30の周辺② Around Best 30 of 2010 volume 2
 CDプレーヤーがCDを飲み込んでしまい、何とか取り出せないものかとガチャガチャいじっていたら、何とトレイが戻らなくなってしまい、あきらめて修理に出すことにする。ついでにフォノ部の調子が悪かったアンプも修理に出すことにしたので、しばらくの間は家でちゃんとした音で音楽を聴けなくなってしまった(PCで聴くことは可能なのだけれど、やっぱり音質が‥)。(ToT)あぅあぅ
 というわけで、今回は残念企画「2010ベスト30に間に合わなかった注目盤」ですー。


 まずは大部ゆえに購入を躊躇しているうちに選盤の期限が来てしまったBOXセット群。

01 Merzbow / Merzbient (Soleilmoon)
02 V.A. / Music for Merce (1952-2009) (New World)
03 Jurg Frey / Weites Land, Tiefe Zeit: Raume 1-8 (b-boim records)
04 Kevin Drumm / Necro acoustic (Pica Disk)
 
 順に12CD、10CD、8CD、5CDという重量級。01は爆音ノイズではなく、初期を思わせるミュジーク・コンクレート風の緻密な構築‥ということで期待。02はマース・カニングハム・ダンス・カンパニーのためにつくられた作品集ということで、ケージはもちろんのこと、David Tudorと小杉武久の参加頻度の高さにそそられる。貴重な写真満載の厚いブックレット付きというのも魅力的。03はヴァンデルヴァイサー派Jurg Freyによる各日40分×8日間=320分のインスタレーションの記録。04はThe Wireの2010 BEST50で堂々第10位。既発のもはや入手困難な作品の集成。試聴トラックを聴いた限りでは、重く冷ややかな輝きを放つ重金属ドローン。

 続いては2010年リリースにもかかわらず、なかなか日本に入ってこなくて、泣く泣くあきらめた作品群。

05 Tilbury Duch Davies / Conrenius Cardew: Works 1960-1970 (+3db)
06 Lemur / Aigean (+3db)
07 Michael Dach / Edges (+3db)
08 Radu Malfatti, Stephan Wittwer / Und ?...Plus (FMP)

 05はThe Wireの2010 BEST50で27位。AMMのピアノ奏者であるJohn Tilburyは、もともと現代音楽の作曲作品の演奏を本領としており、2010年にはJohn CageやTerry Jenningsを演奏した「Lost Daylight」(another timbre)をリリース(こちらはThe Wireで8位。2作品のランクインに拍手!)。Cardewに関する本も編集しているくらいで、その彼がRohdri Daviesと組んでCardewの60年代作品を演奏した作品が出た‥というのを、Richard Pinnell(Cathnorレーベルのオーナー)のブログThe Watcful Earで見かけて、「聴きたい! 聴きたい! 聴きたい!」と騒ぎまくったのだが、+3dbレーベル作品の流通が悪くて間に合いませんでした。(ToT)あぅ~
 この盤のもうひとりの参加者Michael Dach(b)のソロが07で、参加グループが06。共にレーベルのページ(http://plus3db.net/)で試聴できるが、硬質なサウンドによる強度に満ちた構築が光る。
 08は独FMPが大量にCD再発されたうちの1枚(もともとはCD12枚組BOXセットからのバラ売り)。録音は1977年。Malfattiは当時から彼自身であり、筋金入りの異端者であったことを示す1枚。

 この他にも「入手できていればベスト30入りしたかも‥」という作品は多い。もともと「すべてを聴くなんてできない」とあきらめているし、たとえ流通が整備されたとしても経済的・時間的に無理なのだから。それにそもそも存在すら知らない作品も山のようにあるだろう。それでも2010年は、pastel records, バーバー富士, オメガポイント, Ftarri (Improvised Music from Japan)等に加え、前出のThe Watcful Ear, Just Outsideはじめ海外のページや各レーベルのページもチェックしたので、捜索範囲は以前よりかなり広がったと思う。試聴できるところも増えたしね。

09 Kuchen, Rodrigues, Rodrigues, Santos / Vinter (Creative Sources)
10 Isaiah Ceccarelli / Breviaire d'Epuisements (Ambiances Magnetiques)
11 M. Holterbach & Julia Eckhardt / Do-Undo (In G Maze) (Helen Scarsdale Agency)
12 Alvin Curran / Uner the Fig Tree/The Magic Carpet (Die Schachtel)

 ポルトガルから先鋭的な即興演奏(作曲作品やサウンド・デザイン的な作品もある)を届けてくれるCreative Sources 。同国のClean Feedがフリー・ジャズ色濃厚なのに対し、こちらはフリー・インプロヴィゼーション系。電子音の使用、演奏の極端な破片化/平坦化、空間/ドローンへの志向も強い(沈黙ゴッコはやらないけど)。Squid.Coでいろいろ試聴したなかでは09が良かった。alto sax, viola, cello, electronicsによる霧の海を思わせる繊細極まりない交感。 Ambiances Magnetiquesはケベックを拠点とする演奏者のネットワークを背景としたレーベル。硬質な作曲作品からジャズ・ロック的演奏、完全即興まで幅広いが、10は試聴した限りでは、voice×2, bass clarinet×2, basse de viol, percussionという特異な編成による、みるみるうちに線が絡みあい、蔓が伸びて葉が茂るような自然成長的コンポジション。11はレーベルのページで一部試聴可能。フィールドレコーディングによる構築と平坦なヴィオラの持続が織り成す生成的ドローン。荘重さすら感じられる。12は70年代に制作された4枚のLPを編集した盤をベスト30に挙げたAlvin Curranの未発表作品。やはり70年代の作品を収録している。


 次回はThe Wireはじめ、海外で選ばれた2010年ベストをチェックしてみるかも。



01 Merzbow / Merzbient (Soleilmoon)


02 V.A. / Music for Merce (1952-2009) (New World)


03 Jurg Frey / Weites Land, Tiefe Zeit: Raume 1-8
(b-boim records)


04 Kevin Drumm / Necro acoustic (Pica Disk)


05 Tilbury Duch Davies /
Conrenius Cardew: Works 1960-1970 (+3db)


06 Lemur / Aigean (+3db)


07 Michael Dach / Edges (+3db)


08 Radu Malfatti, Stephan Wittwer / Und ?...Plus (FMP)


09 Kuchen, Rodrigues, Rodrigues, Santos / Vinter
(Creative Sources)


10 Isaiah Ceccarelli / Breviaire d'Epuisements
(Ambiances Magnetiques)


11 M. Holterbach & Julia Eckhardt / Do-Undo (In G Maze)
(Helen Scarsdale Agency)


12 Alvin Curran / Uner the Fig Tree/The Magic Carpet
(Die Schachtel)

スポンサーサイト


音楽情報 | 23:19:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad