■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「事の次第」について   The Way Things Go=Der Lauf Der Dinge
 地面の揺れに惑わされて、なかなか考えがまとまらない。いろいろ思うことはあるのだが、「書く」までに至らない。‥‥というわけで、ブログの更新が進まないので、ここはちょっと手抜きの補足情報提供で、更新回数稼ぎをさせていただきます。ごめんなさい。


 前回触れたヴィデオ作品「事の次第」(The Way Things Go=Der Lauf Der Dinge)は次のURLで観ることができる。ドミノ倒しのような物理的接触のみならず、燃えたり、引火したり、泡吹いたり、爆発したり‥‥という化学的変化が、アクションの連鎖に必要不可欠な一部としてプロセスに組み込まれているところが素晴らしい。

 http://www.youtube.com/watch?v=SIo6UGJ_zHc

 このアクションの連鎖のスプラスティックな一面を強調したものとして、次の4倍速ヴァージョンを参考に挙げておこう。軽快かつ能天気な「ウィリアム・テル序曲」に伴われた抱腹絶倒の7分間。

 http://www.youtube.com/watch?v=3tv-JbAurcg


ヴィデオからのスティル映像。
アクションが連鎖していく様子が伝わるだろうか。
「理科実験室」風の手づくり感がいいなー。



スポンサーサイト


アート | 15:30:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad