■プロフィール

福島恵一

Author:福島恵一
プログレを振り出しにフリー・ミュージック、現代音楽、トラッド、古楽、民族音楽など辺境を探求。「アヴァン・ミュージック・ガイド」、「プログレのパースペクティヴ」、「200CDプログレッシヴ・ロック」、「捧げる-灰野敬二の世界」等に執筆。2010年3~6月に音盤レクチャー「耳の枠はずし」(5回)を開催。2014年11月から津田貴司、歸山幸輔とリスニング・イヴェント『松籟夜話』を開催中。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

聖なる場所に集う声 - 『松籟夜話』第八夜へのお誘い  Gathering Voices in Sacred Sites - Invitations to the Listening Event "Syorai Yawa" the Eighth Night
 ご好評をいただいているリスニング・イヴェント『松籟夜話』は、来年2月5日(日)開催予定の次回第八夜より、三回シリーズ『漂泊する耳の旅路 - 現地録音を聴く』へと突入する。これまで『松籟夜話』では、自然の、あるいは都市の音風景を記録したサウンドスケープも、日々の営みとして、あるいは祭儀として演じられる民族音楽を生活の場に立ち入って収めたサウンド・ドキュメンタリーも、さらには音響的/器楽的を問わず即興的に演奏/発音されたフリー・インプロヴィゼーションのレコーディングも、音響の生成する現場を、それを取り巻く環境ごととらえた「現地録音」(広義のフィールドレコーディング)として聴き続けてきた。しかし、これまでの旅程は常に、ミッシェル・ドネダMichel Doneda、デヴィッド・トゥープDavid Toop、フランシスコ・ロペスFrancisco Lopez、スティルライフstilllife、ジム・オルークJim O'Rourke、タマルTAMARU、アメフォンAMEPHONEらを、行く手を照らし出す灯台としてきた。今回からは違う。名もなき市井の人々、その集合性、多声性が導き手となるだろう。それは聴くことの深淵への沈潜であると同時に、輪郭の溶けた不定形がざわざわと渦巻く「原初」への遡行となるだろう。

 その点で、柳田国男、折口信夫、ニコライ・ネフスキー、島尾敏雄、谷川健一、岡本太郎、吉本隆明らが、やはり「原初」として眼差した「南島」を出発点とすることは、必然的なのかもしれない。しかし、それはあくまで偶然の帰結に過ぎない。
 前回、第七夜でアメフォンを灯台とした一夜を編むにあたり、Kink GongことLaurent Jeanneauの録音作品をはじめ、アジアを中心にSublime FrequenciesやDust to Digitalといった諸レーベルの作品を聴いていて、こうした現地録音作品を聴いていく企画をぜひやりたいと津田貴司と話し合っていた。その後、珈琲を飲みながらダベりつつ、企画のアタリをつけようという茶話会@ビブリオテカ・ムタツミンダ(月光茶房隣接のスペース)の際に、二人ともが最近リリースされた沖縄久高島イザイホーの音源を持ち寄り、そこからの話の展開(幾度もの「話は変わりますが」という飛躍を含みながら)が、居並ぶ原田正夫や川本要の賛同も得られたところから、今回の三回シリーズの青写真が固まっていったのだった。SP盤の復刻を含め、膨大なサウンド・アーカイヴの大海に、何の目印もなく飛び込んでいくのは無謀に過ぎるし、ただ優れた音源を観光ガイドよろしく紹介したり、あるいは背景となる文化を「お勉強」したりするのでは、およそ『松籟夜話』らしくない‥‥と危惧していたので、こうした方向性を得られたのは幸運だった。

 もとより、そこは『松籟夜話』のこと、民族音楽学、民俗学、文化人類学、言語学、精神医学等の知見を借用するにしても、そのままおとなしくアカデミックな正統に沿って旅するわけではない。「沖縄」を採りあげるにしても島唄や三線、琉球音階等といった「定型」ではなく、言わば想像的な「祖型」を、音楽や芸能以前の生活の匂いの立ち込める空間が、ひとりの卓越したアーティスト、芸能者に集約されることなく、複数にばらけたまま、原初へと遡り、聖なるものへと通底する瞬間を見詰めたい。その視線はさらに宮古や八重山へと琉球弧をたどり、台湾から東南アジアへと水平に線を伸ばす一方で、聴覚のアナロジー(それこそはネフスキーの方法論にほかならなかった)を頼りに、思いがけない方位から射し込む光を得て、一気に垂直に潜航し、場所と交感する耳の、いや身体の在処を照らし出していくだろう。そこはもはや国境や文化圏すらはるかにはみ出した「異界」にほかなるまい。それゆえ、可能ならば今回はそのことを明らかにするために、第三夜で熱帯雨林の視覚/言語表象を採りあげたように、音響だけでなく、映像や文章を通じても、ことの核心へと迫りたいと考えている。

 いずれにしても、これまで以上に聴くことの深淵へとずぶずぶと沈んでいくことは必定。歸山幸輔特製スピーカーも、常に予想を上回るその潜在能力をさらに発揮してくれることだろう。現世へと回帰するためのサルヴェージ音源を慎重に選ばないと、本当に帰還不能になりそう(笑)。乞うご期待。

松籟夜話第八夜縮小
デザイン:川本要  今回は冬の星座をあしらって


◎音楽批評・福島恵一とサウンドアーティスト・津田貴司がナビゲートする、「聴く」ことを深めるための試み。◎会場は青山・月光茶房隣設のビブリオテカ・ムタツミンダ。歸山幸輔によるオリジナルスピーカーで様々な音源を聴きながら「音響」「環境」「即興」の可能性を探ります。

第八夜は、三回シリーズ『漂泊する耳の旅路 - 現地録音を聴く』の第一回。 「聖なる場所に集う声」と題し、沖縄久高島から琉球弧を背骨に、さらに思いがけない方位から射し込む光を得て、場所と交感する耳の在処を照らし出します。

福島恵一 音楽批評/「耳の枠はずし」 http://miminowakuhazushi.blog.fc2.com/
津田貴司 サウンドアーティスト http://hoflisound.exblog.jp/
歸山幸輔 オリジナルスピーカー

日時:2017年2月5日(日)18:00~(21:00ごろ終了予定)
料金:1500円
予約:お名前・人数・当日連絡先を明記の上,下記までお申し込みください。
gekko_sabou@me.com(月光茶房)
会場:Bibliotheca Mtatsminda(ビブリオテカ・ムタツミンダ:青山・月光茶房隣設ECMライブラリー)
東京都渋谷区神宮前 3-5-2 EFビルB1F
http://gekkosaboh.com/

ライヴ/イヴェント告知 | 22:44:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
3度目の「3つの梨」  Le Troisième "Les Trois Poires"
 この週末はFTARRI水道橋店で行われるLes Trois Poiresのライヴへ。

3つの梨写真縮小


 「3つの梨」のライヴは今度で3回目の体験となるのだが、依然として、その演奏の素晴らしさをうまく言語化できないままでいる。謎めいた奥深さに惹かれながら、種も仕掛けもない、すべてが白日の下にさらされた残酷な明澄さに、もっともらしい解釈はにべもなく撥ねつけられてしまう。

 硬直した観念性やせわしない身体の震えを伴うことのない、初冬の朝を思わせる、きっぱりと屹立し、静かに澄み渡った響きに耳を浸していると、まったく新たな事態に遭遇した緊張にぴりぴりと身が引き締まる。新たな事態というヤツは、いつもこのように何気なくさりげなく、いつの間にか傍らに佇んでいるのだ。

 その新しさをうまく言葉にできず、他の誰かに伝え得ない自分の無力さをもどかしく思いつつ、それはきっと、空中でゆっくりと回転する3次元立体が、床平面に投げかける影の刻々と姿かたちを変える様を、同じ床平面に閉じ込められて見詰めている2次元生命体の感慨に近いのかもしれない……などと、ふと考えてみたりする。魅惑的な謎の彼方には簡明な原理が存在しているのではないかと。

 今回の演奏について、津田貴司は次のように語っている。「今度の土曜日11月12日の『Les Trois Poires』では、厳格な決め事に基づいた演奏を行います。作曲でもないけれど即興でもない。といってゲームピースのようなものでもない演奏になると思います。どうぞご期待下さい。」
https://www.facebook.com/events/1111667795553048/

3つの梨縮小

11月12日(土) FTARRI水道橋店
午後7時30分開場、8時開演
『Les Trois Poires』:tamaru (ベース・ギター)、hofli [津田貴司] (エレクトリック・ギター)、松本一哉 (パーカッション)
1,500円

3つの梨2
撮影:松本一哉


 11月23日(水・祝)は同じFTARRI水道橋店で大上流一 (ギター) とLes Trois Poiresのひとり tamaru (ベース・ギター)のデュオが行われる。大上は前回のLes Trois Poiresのライヴに来ていた。彼もまた謎の奥深さに魅せられたのか、それとも「簡明な原理」の一端を垣間見たのか。いずれにしても要注目のライヴである。





ライヴ/イヴェント告知 | 23:06:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
タダマス、ウィリアム・バロウズと「23の不思議」について語る  "TADA-MASU" and William S.Burroughs Talked About "23 Enigma"
 益子博之と多田雅範がナヴィゲートするNYダウンタウン・シーンを中心としたコンテンポラリー・ミュージックの定点観測『四谷音盤茶会(通称「タダマス」)』も明日で23回目を迎える(ん……10月23日に23回目? 不思議な符合ではある……ということで、今回の題名は「23の不思議」にちなんだ)。

 以前に文藝別冊(河出書房新社)『デヴィッド・ボウイ』に執筆したことがあったが、新譜『★』のリリース、そしてその直後の彼の死により、それが「遺作」(これからリリースされる『Lazarus』の方が、その名にふさわしいのかも)となったことを踏まえ、改めて彼について考える機会を与えられた。
 相次いで出版された雑誌の追悼記事等を読むと、「タダマス」ではすでにフォロー済みのMark Guillianaをはじめとする「新世代ジャズ・ミュージシャン」の参加が注目を集めているのだが、その採りあげ方に「未だにロック/ポップ・ミュージックにとって『ジャズ』とは『対岸』の音楽なのだ」という、いささか時代錯誤的な感慨を抱かずにはいられない。今はウェブ上に情報が溢れ、一生かかっても聴き切れないぐらい大量の音源を聴取可能な『ジャンル・フリー』の時代ではなかったのか。
 ……と、かく言う私も、その辺の音楽事情を何となくわかったつもりになっているのは「タダマス」に参加していたからにほかならず、益子と多田には感謝してもしきれない。改めて「他者の耳を通じて聴く」ことの重要性を思う。

 今回ゲストの井谷享志は「タダマス」2回目の出演だが、私にとって彼は、何よりも蛯子健太郎率いる図書館系ジャズユニット「ライブラリ」の打楽器奏者である。先日ライヴ・レヴューを掲載した横浜Firstでのライヴにおいても、通常のドラム・セットを用いながら、繊細で多彩な音色により、音と音の間を操って、まるで脈釣りの達人のように「時の流れの糸」のテンションを自在にコントロールしていく様は実に見事だった。多田雅範はポール・モチアンの演奏の凄さ、彼が切り開いた新たな演奏の領野について、これまで何度となく語ってきているが、私にはそれらの言葉がまっすぐに井谷のことを眼差しているように思われる。


タダマス23縮小

masuko/tada yotsuya tea party vol. 23: information
益子博之×多田雅範=四谷音盤茶会 vol. 23

2016年10月23日(日) open 18:30/start 19:00/end 22:00(予定)
ホスト:益子博之・多田雅範
ゲスト:井谷享志(パーカッション・ドラム奏者)
参加費:¥1,300 (1ドリンク付き)

今回は、2016年第3 四半期(7~9月)に入手したニューヨーク ダウンタウン~ブルックリンのジャズを中心とした新譜CDをご紹介します。
ゲストには、2度目の登場となるパーカッション・ドラム奏者として幅広く活躍される井谷享志さんをお迎えします。今夏、NYを訪問された井谷さんは、現在のNYシーンの動向をどのように聴くのでしょうか。お楽しみに。(益子博之)
http://gekkasha.jugem.jp/?cid=43767

多田雅範による告知記事
http://www.enpitu.ne.jp/usr/bin/day?id=7590&pg=20161009




ライヴ/イヴェント告知 | 17:02:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
『松籟夜話』第七夜へのお誘い  Invitation to "Syorai Yawa", the Listening Event "Night Stories As Pine Tree Leaves Rustling in the Wind", the Seventh Night
 『松籟夜話』第七夜、いよいよ明日9月18日(日)に迫りました。今回は前回に引き続き360°records周辺特集ということで、AMEPHONEの作品を光源として、世界を照らし出していきます。ここでは参考に舞台裏について、少々お話しします。

 企画に当たっては、軸となるアーティストや世界観を、まず定めます。『松籟夜話』を実際に始める前は、いわゆる企画会議っぽい感じで、あれはどうか、これはどうかと、いろいろアタリを着けて、複数のテーマをストックしたのですが、実際に始まってみると、そんなハナシはどこかへ行ってしまって、初回のMichel Doneda以降、毎回やるたびに、次のテーマが自分の方から、我々の前面に立ちはだかるように姿を現してくることに驚きました。それゆえ、いつも次回のテーマは「次はコレをやらざるを得ない」というように、「必然的」というか、ある種「宿命的」に逃れ難く出くわすかたちで決まってきています。そうした遭遇の軌跡を振り返ると、それが決してミュージシャン人脈やジャンルのつながりといった、既成の道筋をなぞったものではなく、音響の感触や匂いの類似性・関連性を手掛かりに切り開いた「けもの道」となっている点が、とても『松籟夜話』らしいと、少々誇らしく感じています。
前回採りあげたtamaruから今回のAMEPHONEへと伸ばされた線は、レーベルや当時の国内シーンの動向に関連するものであり、これまでの選択とはいささか異質と感じられるかもしれません。もともと『松籟夜話』初めての2回連続企画として発想した時点で、それは明らかだろうと言えばそうなのですが、ここにまた、発想した時点では思いもつかなかかった新たな聴取の可能性が潜んでいました。

 準備段階でAMEPHONE関連作品の音源を聴き込み、前回のtamaruのように、各作品の内包する視点や音響構築の特徴を切り分け、これらに一見類似する音源や、逆に外見上は大きく異なるが深いところで通底している音源等を補助線として提示し、極端に切り詰められたtamaru作品の豊かさを明らかにしつつ、同時にあたりを照らし出していく‥というやり方は、今回は難しいと考えました。AMEPHONEは演奏者である以上に、サウンド・プロデューサーであり、レコーディング・エンジニアであり、絵画や個人映画の単独の作家であるよりも、複数のスタッフを差配する「監督」に近いことが、改めて見えてきたからです。そこで、彼の作品に共通し、そこにAMEPHONEならではの強度を、一種の「謎」(©多田雅範)として加えている点を掲げ、それぞれの方向からやはり強度の高い作品をぶつけていく‥という構成を採ることにしました。つまりは次の3部構成です。
 1.民俗音楽の捏造
 2.映画的な空間構成
 3.空間による音の変容への眼差し

 思い浮かぶ音源をあれこれと渉猟しながら、さらに思考を深めるうち、参照したCANやKink Gong 、ゴダールやタルコフスキー、パラジャーノフ、あるいはBridgette FontaineやSteve Lacy等を通じて(この中には当日プレイされないものも含まれています)、AMEPHONEが鋭敏な耳によってつくり出そうとしている世界がどのようなものなのか、改めて明瞭になってきました。それとともに、初期SaravahやBYGを支えたDaniel Vallancienをはじめ、Jean-Marc Foussat, Daniel Deshays, Francois Musy, Pierre-Olivier Boulant, Laurent Sassi, Marc Pichelin, Laurent Jeanneau等、一連の特異なサウンド・エンジニアの系譜が浮かび上がってくることとなりました(目聡い読者はこの固有名詞の羅列の中に、幾つもの方向から交錯する複数の線を看て取ることでしょう)。耳による世界の構築(捏造?)と絶えざる変容へと持続的に向けられる耳の眼差し。特にDaniel Vallancienはその象徴的な存在であり、言わばAMEPHONEの先駆ととらえることにより、その耳の横断性がよりわかりやすく示されることになると考えています。

 『松籟夜話』の準備とは、こうして当初の当てが外れ、坂道を転げ落ち、泥沼にはまり込むようにして、聴取の深みへと潜航していくプロセスであり、すでに聴き知っているはずの音源に、自らを取り巻く世界に、新たな発見をもたらす耳の旅路にほかなりません。こうして準備を重ねてなお、当日にはまた予想外の事態が出来し、新たな発見が、新鮮な思考が促されます。明日9月18日(日)、『松籟夜話』第七夜にご参加の来場者を、そうした豊かな体験にお連れすべく努めてまいりたいと思います。

 どうぞおいでください。

 なお、当日は混雑が予想されます。当日の急にご参加いただいた方にも対応すべく努力いたしますが、今からでも予約していただくことをお勧めします。また、当日はぜひ18時のスタート前においでください。お手間をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。

『松籟夜話』第七夜原田縮小


『松籟夜話』第七夜

◎音楽批評・福島恵一とサウンドアーティスト・津田貴司がナビゲートする、「聴く」ことを深めるための試み。◎会場は青山・月光茶房隣設のビブリオテカ・ムタツミンダ。歸山幸輔によるオリジナルスピーカーで様々な音源を聴きながら「音響」「環境」「即興」の可能性を探ります。

第七夜は、360°records関連アーティスト、主にAMEPHONEの音源を灯台として、映画的な音像構成や民俗学的な現地録音、さらには空間に浸透していく響きの行方を見つめる眼差しへと至る、聴取の可能性を照らし出します。

福島恵一 音楽批評/「耳の枠はずし」 http://miminowakuhazushi.blog.fc2.com/
津田貴司 サウンドアーティスト http://hoflisound.exblog.jp/
歸山幸輔 オリジナルスピーカー

日時:2016年9月18日(日)18:00〜(21:00ごろ終了予定)
料金:1500円...





ライヴ/イヴェント告知 | 16:26:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
『松籟夜話』第七夜フライヤ出来上がりました
 ご好評をいただいております、ディープでコアなリスニング・イヴェント『松籟夜話』。9月18日(日)開催の次回第七夜は、360°records関連アーティスト特集の2回目。主にAMEPHONEの音源を灯台として、映画的な音像構成や民俗学的な現地録音、さらには空間に浸透していく響きの行方を見つめる眼差しへと至る、聴取の可能性を照らし出します。

 先日、相方の津田貴司とビブリオテカ・ムタツミンダにて、長時間にわたり濃密な試聴/打合せを行いましたが、やはり初期SaravahやBYGを支えたDaniel Vallancien, あるいはMichel Donedaの共同作業者であるPierre-Olivier Boulant, Laurent Sassi, Marc Pichelin等、創造的な録音エンジニアが導きの糸となってくれそうです。さらにはゴダールやタルコフスキー、パラジャーノフといった映像作家たちも。

 想像的望郷を巡る耳の旅路、どうぞお楽しみください。フライヤも出来上がりました。まだ残暑厳しいですが、紙面には一足先に忍び寄る秋の気配が漂っています。川本要さん、いつも素敵なデザインをありがとうございます。どうぞご覧ください。

『松籟夜話』第七夜フライヤー縮小


『松籟夜話』第七夜

◎音楽批評・福島恵一とサウンドアーティスト・津田貴司がナビゲートする、「聴く」ことを深めるための試み。◎会場は青山・月光茶房隣設のビブリオテカ・ムタツミンダ。歸山幸輔によるオリジナルスピーカーで様々な音源を聴きながら「音響」「環境」「即興」の可能性を探ります。

第七夜は、360°records関連アーティスト、主にAMEPHONEの音源を灯台として、映画的な音像構成や民俗学的な現地録音、さらには空間に浸透していく響きの行方を見つめる眼差しへと至る、聴取の可能性を照らし出します。

福島恵一 音楽批評/「耳の枠はずし」 http://miminowakuhazushi.blog.fc2.com/
津田貴司 サウンドアーティスト http://hoflisound.exblog.jp/
歸山幸輔 オリジナルスピーカー

日時:2016年9月18日(日)18:00〜(21:00ごろ終了予定)
料金:1500円
予約:お名前・人数・当日連絡先を明記の上,下記までお申し込みください。
gekko_sabou@me.com(月光茶房)

会場:Bibliotheca Mtatsminda(ビブリオテカ・ムタツミンダ:青山・月光茶房隣設ECMライブラリー)
東京都渋谷区神宮前 3-5-2 EFビルB1F
03-3402-7537
http://gekkosaboh.com/

ライヴ/イヴェント告知 | 00:35:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad